デザインの4大原則を守るだけでデザインが上手くなる!?

73 views

今回はデザイナーではない人でも、デザインで役立つ4大原則をご紹介しようと思います。
デザインについての記事を書くのは久しぶりです。

デザインはセンスではない

デザインはセンスの問題だと思っていませんか?
それは間違いです。
かくいう自分もデザインはセンスだとずっと思っていましたが、
実は知識や経験の結晶なのです。
ですので、努力したもの勝ち。
それが「センス」です。

では、本題に入っていきましょう。
デザインには4大原則というものが存在します。
その4大原則というのは、「近接」・「整列」・「強弱」・「反復」です。

近接 Proximity

関連性があるもの同士で位置を近づけて配置することにより、
それらが関係あるものだと見ている人は
わかりやすいデザイン、レイアウトになります。

その際に気をつけるポイントは余白で、
適当に余白をとるのではなく関係性があるものとないものを
意識して余白をとることが大事になっていきます。

近接を正しく利用していない例:

近接を正しく利用している例:

余白をとることにより関連性がわかりやすくなりました。

整列 Alignment

要素を適当に配置するのではなく、
右揃えまたは左揃えで配置することにより統一感が生まれ、
全体的にスッキリしまとまった印象を与えます。

整列させることにより、デザイン上に目では見えない直線が現れます。
目に見えない直線が整列をさせるポイントになります。

整列を正しく利用していない例:

整列を正しく利用している例:

テキスト情報の端を揃えることにより目に見えない直線が生み出され、
統一感が生まれました。

強弱 Contrast

正しくコントラストをつけることで、
見ている人が「ここは見出しなんだ」「ここはタイトルなんだ」
という風にわかりやすくなります。

また、視覚的な面白さも出てうまく活用すれば
単調なデザインよりも見る人を惹き付けられます。

多少の違いを付けるのではなく、
大胆に違いを付けていくことがポイントになります。

強弱を正しく利用していない例:

強弱を正しく利用している例:

各要素の違いがハッキリし、全体的にメリハリがつきました。
また、色もついたことにより
白黒で単調だったデザインが華やかになりました。

反復 Repetition

ある要素が繰り返し利用されていると、統一性や一貫性を感じます。
Webサイトではヘッダーやフッターを統一させたり、
ボタンのデザインや見出しの装飾を
繰り返し使用しているのは、「反復」という
デザインの原則に則っているからです。

しかし、場合により使いすぎると面白さに欠けたり
くどくなったりするので全体のバランスを見つつ反復していきましょう。

反復を正しく利用していない例:

反復を正しく利用している例:

ボタンの色やデザイン、文字の色を
統一させることにより、自然とリズムが生まれました。

4大原則を意識してデザインする

「近接」・「整列」・「強弱」・「反復」という基本原則について学びましたが、
単独で使うことはありません。
単独で使用するより、複数をかけあわして使用することが多いです。
ですので、4大原則全てを意識して、デザインをすると
素敵なデザインが仕上がることでしょう!