記事の閲覧数を表示させる方法

,

45 views

この記事はいくら読まれているのかというのを
手っ取り早くみたいというときありますよね。

Analyticsを使用すれば簡単に見れるのですが、
ログインして見るのは若干めんどくさいです。
かといってPHPで実装するのはいくばくか大変です。

そういう方にはWordPressプラグイン「WP-PostViews」という
プラグインがおすすめです。

WP-PostViewsとは?

記事ごとの閲覧数を表示させることができるプラグインです。

管理画面上で表示させることもできますし、
記事内に表示させることもできます。

では実際に使ってみましょう!

インストールの仕方

管理画面>プラグイン>新規追加の検索窓で、「WP-PostViews」と検索してください。

横の今すぐインストールをクリックすると、有効化の文字が出るのでそれをクリック。

設定方法

最初に全体的な設定を行います。
管理画面>設定>PostViewsに進みます。
そうすると以下のような画面になります。

カウントする閲覧元

すべて/ゲストのみ/登録したユーザーのみ、から選べます。
「ゲストのみ」にした方が正確なデータを得られます。

ボットからのビューを除外

ボットのアクセスによりビューが増えるのを防いでくれますので、「はい」にしましょう。

ビュー数の表示形式

閲覧数をどのように表示させるかを決めれます。
%VIEW_COUNT%が閲覧数ですので、その前後に文字を追加したりすればよいでしょう。

最も人気の記事テンプレート

人気記事の表示方法を変更でします。
デフォルトのままで大丈夫です。

利用可能な変数について解説します。

%VIEW_COUNT%:ビュー数表示
%VIEW_COUNT_ROUNDED%:丸みを帯びたビュー数表示(%VIEW_COUNT%との違いはないように見える)
%POST_TITLE%:投稿タイトル表示
%POST_DATE%:投稿日付表示
%POST_TIME%:投稿時間表示
%POST_EXCERPT%:投稿の抜粋文表示
%POST_CONTENT%:投稿本文表示
%POST_URL%:投稿のURLの表示
%POST_THUMBNAIL%:投稿のサムネイル画像表示
%POST_CATEGORY_ID%:投稿のカテゴリーID表示

になります。

表示設定

閲覧数を表示させる場所と、
誰に対して表示させるかを設定できるところです。

すべての訪問者/登録ユーザーのみ/表示しない
があります。

デフォルトの状態だと、全部「すべての訪問者」になっていますので
このままで大丈夫でしょう。

上記を設定したら、管理画面>投稿一覧に「表示数」と
表示されているか確認しましょう。

記事ページにも設置する方法

以下のコードを記述することにより、記事ページにも閲覧数が表示されます。

single.phpなどに設置しましょう。

しかし、設置するには条件があります。
その条件というのは、WordPressのループの中に設置ということです。
ですので、ループ処理がある場所を探し出し、設置しましょう!

おすすめは、タイトル近くに設置ですかね。
タイトルを読むついでに閲覧数が目に入ります。

まとめ

閲覧数を可視化できるようにし、わざわざAnalyticsを開かなくても
見れるようにしましょう!